明応塾のQ&A

→明応塾の特徴
→明応塾 講習会TOP
→入会プロセス

Q 勉強をしても,さっぱり勉強がわかるようにならないのですが〜

スポーツも勉強も,能力を向上させるための基本は,同じだと思ってください。 正しい方法でしっかりと練習量(勉強量)を確保する必要があります。(中学1・2年生であれば,平常1時間以上,中間・期 末試験の1週間前は,平日3時間以上を推奨しています)
 勉強しても,さっぱりわからないと思っている人の多くは, テストの直前に,チョットしか勉強していないのではないでしょうか。 明応塾では,毎回の宿題のチェック・確認テスト・定期テスト・補習の実施を通して, 生徒の日頃の学習状況・学力を細やかに把握しますから,担当講師のアドバイスに従っていけば, 自然と力をつけられます。


Q そもそも勉強の方法がわかりません?

基本事項の理解を徹底させるために,既習内容の反復学習とその継続が大切です。 授業で習った基礎知識・問題を,テキストを通し十分に反復してください。
多くの科目は,既習分野の理解を 土台として,プラスアルファーの知識を積み重ねていきますから,既習範囲の理解度を高めることが 大事です。実力アップのカギとなる既習事項の体系的な学習は,講習会を通して実施します。
 明応塾では,ノートの取り方から,具体的な科目の勉強法を指導していき,授業は自ずと 反復学習を促すようなシステムを確立していますので,明応塾をペースメーカーにして頑張ってください。


Q 明応塾の授業の雰囲気は,どんな感じなのでしょうか?

本科クラスは,少人数で授 業が進められるので,講師の視線が生徒の一人ひとりに注がれ, 活発な質疑応答がおこなわれます。生徒の緊張感を維持させつつ,明るく和やかながらも, メリハリのある授業がおこなわれます。


Q 明応塾の授業に,ついていかれるか心配です?

 明応塾では,授業は基本を丁寧に説明し,重要事項を何度も 反復しますので,自然と大切な部分は覚えていくものです。仮に,講義での新テーマの導入解説が十分に理解 できなかった場合でも,その直後の演習時間に,個別に生徒の一人ひとりの疑問に答えていきます。
また個別に課題を出題したり,無料の補習を実施して,すべての生徒の学力を伸ばすようにフォローしていきます。


Q 明応塾に入塾して,成績はどのくらい上がるものですか?

入会当初の成績と比べる と,首都圏業者テストの偏差値が10くらい,飛躍的に上昇することはめずらしくありません。 偏差値45の人は53以上へ,偏差値55の人はほぼ60以上へと伸びていけるはずです。まず自信の持てる科目をつくること。 その相乗効果で他の科目の学力も上がっていくものです。


Q 明応塾で,成績が上がらない生徒もいるのですか?

生徒へのアンケートによると,授業内容は,ほぼすべての生徒が理解でき ています。 明応塾の授業は,どこよりも分かりやすいと自負していますし,理解度を向上させる工夫もあります。
 しかし成績の伸びの振るわぬ生徒が,いないわけではありません。原因は, 授業での集中を欠いていたり,ホームワーク(家庭学習)がなされていなかったり,かつ復習をおろそかにしている点にあるようです。 それらに該当する生徒は,担当講師から,その旨の指摘を受けているはずですから, 一刻も早く改めてもらいたいと思います。やはり学問に王道はありません。


Q なぜ明応塾生は,大きく成績を伸ばせるのでしょうか?

質の高い授業授業のシステムが,基礎か ら高度な応用力の練成に至るまで,生徒の理解度を向上させる フォローシステムがしっかりしているからだと思います。
 基礎を徹底的に反復した後,単元ごとに実施する確認テストとそのレポート提出, 講習会後に実施する理解度チェックテストとその理解度向上テスト(再テスト)などが,その例です。
 生徒のおかれた明応塾内での環境が,勉強に取り組みやすい形となっています。明応塾では 他塾の平均的な生徒以上の勉強量をこなせるようなシステムになっています。 また,明応塾では理解が不十分な生徒に無料で補習をしていきますので,活用してもらえば, 成績アップの大きなチャンスとなります。


Q 明応塾が生徒に望むことは何ですか?

それは生徒の意欲です。が んばろうという意欲さえあれば,明応塾が支え育みます。明応塾の指導の もとに努力を積み重ねれば,自分でも気づかぬうちに,実力が養われていくものです。
 また,勉強がわかるようになると,わかる喜びが,さらに意欲を育みます。そんな生徒の前向きな姿勢から なる一連のプロセスを,明応塾は高く評価します。
 明応塾で培った勉強への取り組み方から,塾生は人生を歩むのに有用で価値のあるものを, 少なからず手にしえたと信じます。合格という栄冠は,結果として後からついてくるものにすぎません。



  一人ひとりを支え育む明応塾HOME