がんばる明応塾生

→2017夏期講習
→明応塾HOME
→明応塾の特徴
→入会プロセス
明応塾は生徒の可能性を引き出します
実力アップを本気で考えるなら、明応塾で勉強することをお勧めします

■ 中学校 平成28/29年年度 合格高校<抜粋>

県立八千代高校 Aさん(1中) 5科偏差値 15↑
小学生から在籍していて、当初は平均を目指していたが、勉強への正しい習慣が身に付き、中2の後半から成績が急上昇した

県立船橋東高校 Bさん(1中) 5科偏差値 5↑
中3の春になってからの入塾、自立的な勉強が身に付いている生徒で、学校の中間期末試験でも400点近くとれるのだが、実力試験となると極端に成績が下がった。 隠れている苦手個所を見つけ出したことで、秋以降になって実力試験でも成績が伸び始めた。冬の頃には志望校に十分な学力水準となった。薬円台高校も考えたが、安全策を取った

県立幕張総合 Cさん(5中) 5科偏差値 10↑
中2の夏期講習会から入塾した。講習会では課題をよくやっていたが、授業についていくのが とてもたいへんだということで、最初、入塾をためらっていた。 講習会は連日の授業で課題が出てくるが、9月以降の通常授業は週2回となるので、もっと余裕を持てるようになると説明し、入塾する運びとなった。 当初、県立国分高校を目指して、あわよくば県立国府台高校に入りたいと父兄に相談を受けていたが、成績が順調に伸びていき、 最終的には県立成田国際と県立幕張総合をてんびんにかけることになった。

県立千葉女子高校 Dさん(稲浜中) 5科偏差値 8↑
中3の9月頃に入塾。県立津田沼高校に入りたいという意志ではあったが、入塾時点で学力が平均を下回っていたので、大変難しいと思うと父兄には説明していた。 中3の9月以降の授業は、通常授業の他に1年からの総合復習・実力養成講座が併設されるので、そこで苦手科目・項目の克服を図った。 12月に複数の模試を受験するが、部分的には偏差値60を越える教科も表れ始めた。順調に成績は伸びて、1月の模試で初めて5科目が目標に届いた。 しかし内申点が志望している学校の受験者たちよりもかなり低いため、さらに成績を上げる必要があった。残念ながら2月の前期試験で津田沼が不合格だったため、 一ランク志望を下げたが、女子高の雰囲気がその生徒には合っているようで、学校に通うのが楽しみだと話していた。

県立磯辺高校 Eさん(1中) 5科偏差値 8↑
1年の夏期講習から入塾。その年の2学期の中間試験が1学期よりも5科目で50点近く上がり、驚いていると父兄に言われた。さらに順調に成績を上げて欲しかったが、 宿題をサボるようになってしまい成績が下がった。2年の終わりまで成績は上がったり下がったりの繰り返しをしていたが、3年になってから勉強に身が入るようになり 徐々に成績が上がり始めた。ただ理科社会の授業は、3年から初めて受講するようになったので、それらの科目がトータルした時の成績の足を引っ張り続けていた。 3年の秋ごろから理科社会の成績が伸び始め、頑張れば県立国分高校を受験できると思っていたが、必ず公立高校に入学したいという強い希望があったので、 模試の成績が常に80%の合格可能性判定が出ている高校を受験することになった。


私立合格高校

日の出高校
日大習志野高校
八千代松陰高校
千葉英和高校
和洋国府台女子高校
千葉敬愛高校
敬愛学園高校
千葉明徳高校 等



   一人ひとりを支え 育む明応塾HOME